東広島市防犯連合会│減らそう犯罪│広島県│防犯対策│地域安全パトロール隊│

東広島防犯連合会

HOME 東広島防犯連合会とは 活動内容紹介 地域安全推進員について わがまちの安全をまもり隊青色防犯パトロール隊について こども110番の家について 防犯・安全対策いろは あすなろ通信 メールマガジン 関連情報・リンク集 プライバシーポリシー メールでのお問合せ
ホーム > あすなろ通信

あすなろ通信

本日東広島市立三永小学校にて「地域安全マップ」づくりを実施 (2020-10-28)
地域安全マップの作成発表状況

10月28日、三永小学校4年生は地域安全マップ作りを行いました。
実施に当たっては、当防犯連合会並びに、警察関係者、県、市、三永まちづくり協議会の方々11名が応援させていただきました。
この地域安全マップ作りは、子供自らの防犯力をつけてもらうのが目的で、登下校時は地域の見守りボランティアの方がいるけれど、子供たちのみで屋外にいるときは自らが自分の身を守らないといけないということから、実施されました。

事前学習状況

本日の学習の流れは、30分程度の事前学習を行いその後、校区内に1グループ6,7人の8グループに分かれそれぞれのルートを歩きます。そして、子供たち自らの目で、「ここは安全、ここは危険な場所」と見極めます。途中、写真を撮ったり、メモをとったりしてもらいます。その後、再び学校に戻り、グループで話し合いをしながらマップを作成し、最後に発表するというものでした。この間、この間先生はもとより、各グループに一人づつ指導者がつき、路上での安全確保を図りつつ、アドバイスを行っていました。
この地域安全マップ作りは立正大学教授 小宮信夫先生の理論に基づくもので、犯罪を起こしそうな人に着目するのではなく、犯罪の起こりやすい場所に着目して自分の身は自分で守ろうとするものです。この、犯罪の起こりやすい場所のキーワードは「誰もが入りやすく」「見えにくい」場所でありまして、逆に安全な場所は「誰もは入りにくくて」「見えやすい」であります。
今回の地域安全マップ作りの重要性について、防犯連合会は2年前から「東広島市学校安全ボランティア講習会」において久保田事務局長が講演した結果、今日的コロナ禍ではありますが三永小学校が実施されました。今後は、市内各小学校での実施を期待しているところであります。
本日はマスコミにも注目され「テレビ新広島(8CH)」と中国新聞の取材がありました。

フィールドワーク(公園にて)
フィールドワーク(高雄川の橋の下)
マップ作成中(TV取材)
完成したマップを校内に掲示
  
   
あすなろ通信一覧を見る