東広島市防犯連合会│減らそう犯罪│広島県│防犯対策│地域安全パトロール隊│

東広島防犯連合会

HOME 東広島防犯連合会とは 活動内容紹介 地域安全推進員について わがまちの安全をまもり隊青色防犯パトロール隊について こども110番の家について 防犯・安全対策いろは あすなろ通信 メールマガジン 関連情報・リンク集 プライバシーポリシー メールでのお問合せ
ホーム > あすなろ通信

あすなろ通信

特殊詐欺対応訓練に参加 (2016-12-07)
窓口対応の様子(被害者役は下三永地域安全推進員)

広島県下の特殊詐欺の被害額は、11月末時点で9億5千万円を超えた。これは、年内被害額を「10億円以下に」を目標とした「アンダー10作戦」も瀬戸際に来ているといわざるを得ない危機的状況にある。こうした中、広島銀行西条支店は東広島警察署の指導のもと特殊詐欺に対応した窓口阻止のための訓練を行った。防犯連合会からは、下三永の地域安全推進員の方が被害者役として参加、「息子の不祥事を助けんと250万円を引き出そうとする」真に迫る演技により、行員の方の窓口対応もよりリアルで真剣なものとなったようだ。最後に、東広島警察署塚本生活安全課長から講評が行われ、今後、万一同様な状況が起こった場合の適切な対応について、行員全員による確認がなされた。

訓練状況を見つめる支店内行員の皆さん

最近の特殊詐欺手口を数件お知らせします。
■市役所職員を名乗り、「保険料の過払い金がある」「これからの手続きは銀行が行う」などと言い、その後、銀行員を名乗る者が、「近くのスーパーのATMへ行ってください」などと言い、ATMに着くと事前に知らせておいた電話番号へ連絡させ、現金を振り込ます指示をします。
犯人が指示する操作内容は、あなたの口座から犯人が使用する口座へ送金するもので、決して現金があなたの口座に振り込まれることはありません。
■アダルトサイトを利用中に突然『登録完了』と表示され利用料金や退会金を要求される架空請求詐欺。
中にはIPアドレスや端末情報を表示して、あたかも個人情報がばれたかのように不安を煽ってくる場合もあります。
『誤登録の場合はこちらに連絡してください』と表示し、気軽に連絡させようとするケースもあります。
犯人に電話したりメールを送ったりすると電話番号やメールアドレスを知られてしまいます。
こちらから連絡しない限り、犯人に個人情報が漏れることはありません。
アダルトサイトを利用していたら恥ずかしく後ろめたい気持ちがあるものですが、犯人の要求を聞いても被害が拡大するだけなので、すぐ警察に相談しましょう。
■高齢者宅に息子や公共機関をかたる者から ○会社のお金を使い込んだ。〇お金が戻ってきます。○会社の者がお金を取りに行きます。〇職員がキャッシュカードを預かりに行きます。
などという不審な電話がかかってくる事案がありました。このような電話があったら、警察へ通報してください。
■広島市内で大手百貨店、銀行協会を騙り、キャッシュカードをだましとる詐欺が発生しました。
その手口は、大手百貨店を騙る犯人から
「カードで買い物をしましたか。」
と言われ、被害者が身に覚えがないことを伝えると
「では、代金が引き落とされないように銀行協会へ連絡しておきます。」
と言った後、銀行協会を騙る犯人から「何者かが不正使用する被害が発生しています。カードを止めるので、職員が受け取りに行きます。」などというものです。
この他にも、同様の不審電話が広島市内で10数件架かってきておりますので、ご注意ください。
★だまされないために★
・他人にキャッシュカードを預けたり、暗証番号を教えたりしないようにしましょう。
■10月上旬から広島県内において,息子を名乗る犯人が
 ・会社の金を使い込んで損失を出した
 ・このままでは会社を解雇されるのでお金を用意してほしい
などと言い,同僚や弁護士が自宅に行くので現金やキャッシュカードを渡すよう指示する事案が発生しています。
★だまされないために★
・即断せず一旦電話を切って冷静になりましょう。
・少しでも怪しいと思ったら110番に通報してください。

講評を行う警察署生活安全課長
  
   
   
あすなろ通信一覧を見る